と言ったところが(読み)といったところが

精選版 日本国語大辞典の解説

と 言(い)った=ところが[=ところで]

前の事柄を一応認めながらも、それに限定的・否定的な意見を加えることを示す。そうはいっても。
※人情本・閑情末摘花(1839‐41)五「『夫じゃア慈母(おっかあ)さんが、また御苦労になさいませう』『と言(イッ)た所が、唯(たった)一晩の事(こっ)た』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android