御苦労(読み)ごくろう

精選版 日本国語大辞典「御苦労」の解説

ご‐くろう ‥クラウ【御苦労】

〘名〙 (形動) (「ご」は接頭語)
① ある人を敬って、その苦労をいう語。
(イ) お骨折り。ごやっかい。
日葡辞書(1603‐04)「Gocurǒ(ゴクラウ) アッテ クダサレイ」
(ロ) 御心配。お心に掛けること。
※浄瑠璃・百日曾我(1700頃)三「わし事はナ、とらさまや少将さまの御くらうになされし、まひの一手もまひならひ」
他人の骨折りを感謝することば。たいぎ。
※虎寛本狂言・右近左近(室町末‐近世初)「是は何れも様、近頃御苦労にまする」
③ 骨折りが無駄に見えることを多少の嘲笑を含めていうことば。
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉六「此暑いのに御苦労にも冬帽を被(かぶ)って」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「御苦労」の解説

ご‐くろう〔‐クラウ〕【御苦労】

[名・形動]
他を敬って、その人の「苦労」をいう語。お骨折り。ごやっかい。「ご苦労をおかけします」
他人に仕事を依頼したときなどに、その苦労をねぎらっていう語。同輩以下のに対して用いる。「遅くまでご苦労だったね」
苦労の成果がなくむだにみえることを、あざけりの気持ちを含んでいう語。「この暑いのにご苦労なことだ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android