どきつく

大辞林 第三版の解説

どきつく

( 動五[四] )
胸がどきどきする。 「 - ・く胸を押ししづめ/浄瑠璃・布引滝」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どき‐つ・く

〘自カ四〙 (「つく」は接尾語。「ときつく」とも) 不安で心が動揺する。胸がどきどきする、むなさわぎする。
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第三三「誰をかも知人にせん此中は 五百羅漢の山はときつく」
※諷誡京わらんべ(1886)〈坪内逍遙〉三「今か今かと、胸をドキつかせて俟(まつ)折しも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android