コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

にお ニオ

デジタル大辞泉の解説

にお〔にほ〕

刈り稲を円錐形に高く積み上げたもの。稲むら。稲にお。 秋》「山国の―木菟(づく)に似て脚もてる/たかし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にお

刈った稲穂や脱穀後の稲藁いなわらを、円錐形に高く積み上げたもの。藁塚。稲むら。にご。におん。 [季] 秋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

にお
にお / 堆

刈った稲を円錐(えんすい)形に野外に積み上げたもの。ニホが古い語で、ニオ、ミゴ、ニゴ、ニュウ、ニョウ、ノウ、ノオなど地方ごとにかなり呼び名は動揺して伝えられ、また刈り稲以外に藁(わら)や柴(しば)の積み上げにその名は流用されてもいる。新嘗(にいなめ)のニイ、供物のニエと関連する語といわれるが、語源は明らかでない。またこうした稲むら、稲積みをスズシ、スズミ、スズキ、コズミ、ホヅミ、タツボなどとよぶ地方もかなり広い。稲穂の掛け干し方式が一般化する以前は、稲穂を刈り田に積んで乾燥させるのが通例で、おそらく刈り穂の祭りがその場で行われたと推測される。しかし鎌(かま)刈り以前の「穂摘み」の場合の事情は不明である。[竹内利美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

におの関連キーワード青森県中津軽郡西目屋村田代柳田国男(やなぎだくにお)五月の御精進大殿籠もるともこうも墨染めの袖限り無し御馴染み御平らに四衢八街心安らか一金二男物の上手野の宮人別れ別れ下地っ子突き遣る猫下ろし御執らし藤行李

におの関連情報