コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

にても にても

大辞林 第三版の解説

にても

( 連語 )
〔格助詞「にて」に係助詞「も」の付いたもの〕
格助詞「にて」で示されるものを取り出して列挙したり類例を示したりする。…でも。…においても。 「家-たゆたふ命波の上に思ひし居れば奥か知らずも/万葉集 3896」 「品の高さ-、才芸のすぐれたる-、先祖の誉-、人にまされりと思へる人は/徒然 167

にても

( 連語 )
〔断定の助動詞「なり」の連用形「に」に、接続助詞「て」、係助詞「も」の付いたもの〕
(補助用言の「あり」「なし」などを伴って)…でも(ある、ない)。 「かろがろしき御ありきすべき身-あらず/和泉式部日記」 「昼は、ことそぎ、およすけたる姿-ありなん/徒然 191

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

にてもの関連キーワードなじょうことなし燻べ顔・燻顔和泉式部日記豪胆・剛胆生い先遠し隔てがまし遠き守り見慣らす聞く聞く懸想立つ野郎買ひ且つうは補助用言宮仕へ所後家入り燻べ顔格助詞釘締め袖の氷亡き影

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

にてもの関連情報