コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

のこ歯ねじ のこばねじbuttress thread

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

のこ歯ねじ
のこばねじ
buttress thread

ねじ山の断面形状がのこぎりの歯のような形をしたねじで,三角ねじと角ねじの長所を組合せている。軸方向荷重が大きく,一方向のみに作用するときに適用される。荷重側のねじ面をほぼ垂直にして効率を高め,他面に大きな傾斜 (30°,45°,52°) をつけて強さを増すとともに,工作を容易にしている。現在,インチ系 (アメリカ,イギリス,カナダ) とメートル系 (ドイツ,ロシア) の2種類がある。大砲の砲尾機構,航空機のプロペラ取付け部,液圧プレスの柱などに用いられる。 (→ねじ )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内ののこ歯ねじの言及

【ねじ】より


[ねじの基本用語]
 前述のつる巻線状の突起をねじ山といい,円筒の外表面にねじ山をもつものをおねじmale screw,中空の円筒の内表面にねじ山をつけたものをめねじfemale screwという。またねじ山の断面形状により,三角形状の断面をもつ三角ねじ,台形状の台形ねじ,角形をした角ねじ,のこぎりの歯の形状をもつのこ歯ねじ,円弧状の断面をもつ丸ねじなどに分類される(図2)。 さて,図1のつる巻線において,円筒の直径をdとし,直角三角形の底辺の長さをπd(πは円周率)に等しくとれば,三角形の紙はちょうど円筒をひと巻きし,その間につる巻線は三角形の高さlだけ高くなる。…

※「のこ歯ねじ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

のこ歯ねじの関連キーワード機械要素

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android