のら者(読み)ノラモノ

大辞林 第三版の解説

のらもの【のら者】

仕事もせずに遊び歩く者。なまけ者。道楽者。 「ならずの-をすかし/浄瑠璃・会稽山」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

のら‐もの【のら者】

〘名〙 のらくらと遊び暮らす者。なまけ者道楽者。どらもの。
※俳諧・談林三百韻(1676)「予などもまた誹諧の野ら者」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる