道楽者(読み)ドウラクモノ

デジタル大辞泉 「道楽者」の意味・読み・例文・類語

どうらく‐もの〔ダウラク‐〕【道楽者】

酒色ばくちなどにふけり、本業に身を入れない者。
怠け者横着者
「―で、のら者で」〈浄・卯月の紅葉
[類語]怠け者スラッカー・物臭坊主・億劫がり・横着者・無精者廊下鳶暇人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「道楽者」の意味・読み・例文・類語

どうらく‐もの ダウラク‥【道楽者】

〘名〙
道楽をする人。酒色や博打(ばくち)などにふける、不品行な人。じだらく者。放蕩者
咄本・鹿の巻筆(1686)四「その身どうらくものにて、親勘当したりければ」
② なまけもの。おうちゃくもの。わがままもの。
※浄瑠璃・卯月の紅葉(1706頃)上「どうらくものでのら者で、在所へ戻せ往なせとて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android