コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

のらくら ノラクラ

デジタル大辞泉の解説

のら‐くら

[名・形動]怠けて遊んでいること。また、そのさまや、その人。「のらくら者」
「彼のような―な息子を生んだことを」〈佐藤春夫・都会の憂鬱〉
[副](スル)
ぬらりくらり2」に同じ。「のらくら(と)した返事」
ぬらりくらり3」に同じ。「毎日のらくら(と)過ごす」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

のらくら

( 副 ) スル
のらりくらり 」に同じ。 「相変わらず-している」 「 -(と)遊び暮らす」
のらりくらり 」に同じ。 「いつ出来上がるのか聞いても-(と)はっきりしない」
( 名 )
なまけて遊んでいること。また、そのようなさまや人。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

のらくらの関連キーワードルノアール(Jean Renoir)ジェロウム・K. ジェローム陸でなし・碌でなしアイヒェンドルフ持ち来す・持来す文武二道万石通アイヘンドルフのらりくらり愉しい放浪児チャップリンのらくら者花暦八笑人遊民・游民フェリーニローファー森川 信アラハンケステン陸でなし糸瓜野郎

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

のらくらの関連情報