はぜ継ぎ(読み)はぜつぎ

日本大百科全書(ニッポニカ)「はぜ継ぎ」の解説

はぜ継ぎ
はぜつぎ

金属板による屋根葺(ふ)き(平(ひら)葺き、瓦棒(かわらぼう)葺きなど)工事やダクト工事などの板金(ばんきん)工作において金属板を継ぎ合わせる方法の一つで、板の端を折り曲げて互いにかみ合わせ、その部分をたたいて密着させる。カラー鉄板など、あらかじめ防錆(ぼうせい)塗料を塗り付けたものをはぜ継ぎにするときは、折り曲げ部分で塗料が剥離(はくり)し発錆の原因となることがあるから注意を要する。

[山田幸一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android