コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瓦棒葺き かわらぼうぶき

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

かわらぼうぶき【瓦棒葺き】

亜鉛鉄板などの大きな面積の金属板で屋根を葺(ふ)くときに用いる工法。ゆるい勾配(こうばい)の屋根の斜面に沿って、一定間隔(45~60cm程度)で、瓦棒と呼ばれる角棒状の心材を入れる。雨や強風に比較的強い。

出典|講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

リフォーム用語集の解説

瓦棒葺き

金属板を用いて屋根を葺くときの方法の一つ。屋根の流れの方向に一定間隔で桟を裏板の上に打ち付け、裏板の上に金属板を敷き、桟の上にも金属板をかぶせる。この桟の事を瓦棒という。瓦棒を用いない平葺きに比べて、温度変化による金属板の伸縮を瓦棒の間で吸収できる。また、間隔を金属板の幅以下の寸法にしておくと、金属板の流れ方向の継手がなくなるので、雨仕舞に優れる。

出典|リフォーム ホームプロリフォーム用語集について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瓦棒葺き
かわらぼうぶき

金属板を用いて屋根を葺くときの方法の一つ。屋根の流れの方向に一定間隔で桟を裏板の上に打ち付け、裏板の上に金属板を敷き、桟の上にも金属板をかぶせる。この桟を瓦棒という。
 瓦棒を用いない平葺きに比べ、温度変化による金属板の伸縮を瓦棒の間で吸収でき、また間隔を金属板の幅以下の寸法にしておけば、金属板の流れ方向の継手がなくなるので、それだけ雨仕舞(あまじまい)に優れる。瓦棒間隔は通常45センチメートル以下とする。なお金属板の継手はすべてはぜ継ぎとしなければならない。[山田幸一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

瓦棒葺きの関連キーワード亜鉛鉄板はぜ継ぎ