ばさり(読み)バサリ

デジタル大辞泉の解説

ばさり

[副]
広がりのあるものが落ちたりかぶさったりして立てる音を表す語。「風でテントがばさりと鳴る」「開いた本がばさりと落ちる」
思い切りよく切る音や、そのさまを表す語。「大枝をばさりと切り落とす」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ばさり

( 副 )
(多く「と」を伴って)
広くて重さのある物が、落ちたり動いたりするときに発する音を表す語。 「鷲わしが-と羽ばたく」 「桐の葉が-と落ちた」
勢いよく切る音を表す語。 「黒髪を-と切る」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ばさり

〘副〙 (多く「と」を伴って用いる) 広がりのあるものが落ちたり、覆いかぶさったりする音、勢いよく物を広げたり切ったりする音などやそのさまを表わす語。
※俳諧・俳諧新選(1773)三「そよと吹ばばさりと請る芭蕉哉〈習先〉」
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「後足で霜柱の崩れた奴を吾輩の頭へばさりと浴びせ掛る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android