コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ふためく ふためく

大辞林 第三版の解説

ふためく

( 動四 )
ばたばたと音をたてる。 「棹に懸けたる鳥ふたふたと-・く/今昔 19
あわてる。騒ぎ立てる。 「夜のあけて-・くつらもにくし/旅賦」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ふためくの関連キーワード手の舞い足の踏む所を知らずヘルタースケルター蟹の穴這入りきりきり舞物に当たる大方ならずじたばたどたばたあたふたとちめくうすすくパニクる心地違う周章狼狽目を回す足を空手惑ひ狼狽惑う騒ぐ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ふためくの関連情報