三一(読み)さんぴん

日本大百科全書(ニッポニカ)「三一」の解説

三一
さんぴん

すごろくや丁半賭博(ちょうはんとばく)で、2個のさいころの目が3と1になること、あるいは、めくりかるたで一の札(ピン)が3枚になることをいう。また江戸時代には、下級侍の三一侍をして三一ともいう。身分の低い侍や若党の1年の扶持(ふち)が3両1分であったところからこの卑称があるとも、渡り奉公の中間(ちゅうげん)は年給3両一人扶持(日に5合の玄米)であったことに由来するとも、諸説がある。のちには「さんぴん野郎」といった、相手を侮っていうことばとして使われた。また、遊興費が夜は400文、昼は600文の下等娼家(しょうか)であった四六見世(みせ)を三一長屋ともいう。賽(さい)の目の4と6の裏がそれぞれ3と1であるところからこの異称があったといわれる。

[棚橋正博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「三一」の解説

さん‐ぴん【三一】

〘名〙 (「ぴん」はpinto (点の)の変化した語か)
① さいころなどで三の目と一の目が出ること。
※洒落本・舌講油通汚(1781)「是等のかけ引、三一(さンぴン)かつはらひ、一六かた目おろし」
※雑俳・川柳評万句合‐安永元(1772)信一「三(さン)ひんもかりないやうな門(かど)礼者」

みつ‐が‐ひとつ【三一】

〘名〙 三つのうちの一つ。また、三分の一。さんがいち
源氏(1001‐14頃)「みつかひとつかにても、あらむかし」
[補注]「源氏」の例は、一説に四を婉曲に表わした(三日のは四坏に盛るためとも、女君の年の数だけ作るのでの上の一四歳を表わしたとも)とする。

さん‐が‐いち【三一】

〘名〙 三つのうちの一つ。また、三分の一。
※俳諧・炭俵(1694)上「長閑さや寒の残りも三ケ一〈利牛〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報