コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三一 サンピン

大辞林 第三版の解説

さんピン【三一】

〔「ピン」はポルトガル語 pinta(点の意)のなまりか〕
さいころなどで、三と一の目が出ること。
三一侍 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三一
さんぴん

すごろくや丁半賭博(ちょうはんとばく)で、2個のさいころの目が3と1になること、あるいは、めくりかるたで一の札(ピン)が3枚になることをいう。また江戸時代には、下級侍の三一侍を略して三一ともいう。身分の低い侍や若党の1年の扶持(ふち)が3両1分であったところからこの卑称があるとも、渡り奉公の中間(ちゅうげん)は年給3両一人扶持(日に5合の玄米)であったことに由来するとも、諸説がある。のちには「さんぴん野郎」といった、相手を侮っていうことばとして使われた。また、遊興費が夜は400文、昼は600文の下等娼家(しょうか)であった四六見世(みせ)を三一長屋ともいう。賽(さい)の目の4と6の裏がそれぞれ3と1であるところからこの異称があったといわれる。[棚橋正博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

三一の関連キーワードか寄りかく寄る掻き抱からふ負ひ並め持つポルトガル語手をつくる『徒然草』打ち寄するなまよみの三十一文字物嘆かし起き立つ月に異に弓を外す石井部隊さいころ三一奴匂やか千重波翰墨城飽き方

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三一の関連情報