ふっふと

精選版 日本国語大辞典の解説

ふっふ‐と

〘副〙 口をすぼめて繰り返して息を吹き出すさまや、声が勢いよく続いて出るさまを表わす語。また、苦しそうな息づかいのさまを表わす語。ふうふう。
※玉塵抄(1563)一三「天子え書をささげてことをまうすに、案内もまうさずふっふと心にまかせて上たぞ」
※今年竹(1919‐27)〈里見弴〉焼土「錆びついた旧い蒸気機関のやうに、枯々とした息を、ふっふと洩し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる