コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼土 ショウド

デジタル大辞泉の解説

しょう‐ど〔セウ‐〕【焼土】

地質の改良消毒などのために土壌を焼くこと。

やき‐つち【焼(き)土】

焼いた土。
木片などを埴土(しょくど)とともに焼いたもの。肥料にする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうど【焼土】

土の中の成分の有効化や殺菌などのために、土を焼くこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

焼土
しょうど

植物を栽培する場合、その用土が保有する病害虫からの被害を予防するために用いる土壌消毒の一手法であり、また火力で加熱した用をさす。とくに野菜苗、花苗、特殊作物の苗立枯病、ネマトーダなどに侵されやすいものを播種(はしゅ)あるいは移植するときの用土に欠くことのできない消毒作業である。病害虫駆除以外に雑草種子の死滅効果もある。
 焼土は次のようにしてつくる。かまどの上にドラム缶を二つ割りにしたものをのせ、あらかじめ肥料、腐葉土などで調合した用土(床土、培養土)を半分ほどそこに入れて、下から加熱する。熱が強くなると用土中の有機物(腐葉土など)が灰化するので、散水し、多くの水蒸気を出しながら攪拌(かくはん)し、熱が平均して回るようにする。加熱温度が80℃以上になったらぬれ莚(むしろ)などで覆って、弱火で30分以上保温すると、病害虫、雑草の種子などが死滅した用土となる。
 そのほか、土壌消毒の方法には、薬品を用いてのガス燻蒸(くんじょう)消毒や、蒸気を用いた蒸気消毒などがある。[堀 保男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

焼土の関連キーワード高宮廃寺跡〈大阪府〉土屋善四郎(初代)観音寺(滋賀県)敏満寺石仏谷墓跡チャン・フンダオポルタバの戦い小柳津勝五郎岡津製塩遺跡中種子(町)風納洞土城三井瓦窯跡上淀廃寺跡貔子窩遺跡会下山遺跡ママチ遺跡鞏県遺跡脇本遺跡室内園芸福田遺跡古地磁気

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

焼土の関連情報