コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風呂敷 フルシキ

デジタル大辞泉の解説

ふる‐しき【風呂敷】

ふろしき」の音変化。
「―をかぶった明日蚊帳(かや)を出し」〈柳多留・二一〉

ふろ‐しき【風呂敷】

物を包むのに用いる正方形の布。「風呂敷包み」
入浴のとき、衣類を脱いで包んだり、衣類を着る際に床に敷いたりした布。古くは正倉院に残っているものもあり、中世には衣包・平包の名がみられる。江戸前期あたり、銭湯風呂の発達に伴って、風呂の名が一般的になったという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

風呂敷【ふろしき】

古くは〈ひらづつみ〉,〈ころもつつみ〉と称したが,江戸時代,銭湯での入浴の際,物を包んだり身じまいのため敷いたりしたところから〈ふろしき〉となった。大きさは2幅(約75cm)から7幅(約250cm)の蒲団(ふとん)風呂敷まである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

風呂敷

古典落語の演目のひとつ。「風呂敷の間男」「重ね」とも。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ふろしき【風呂敷】

〔風呂屋で入浴客が衣類を包み、また足をふいた布の名から転じたという〕
物を包むのに用いる正方形の布。
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

風呂敷
ふろしき

物品を収納したり、保存、携行するために用いられる、布製で方形のもの。わが国ではこれを平包(ひらつつみ)とよんで、古くから用いられた。絵巻物にも多くみられ、上刺(うわさし)がしてあって、破れないようにくふうされている。しかし平包は長期の保存や大きな物を収納するのには不便であるところから、その場合は唐櫃(からびつ)、長持(ながもち)が用いられていた。平包が風呂敷と名称を変えるようになったのは、室町時代末期、町風呂といわれる銭湯ができたことに起因する。
 当時の入浴は、現代のように全裸では入らず、男も女も風呂褌(ふんどし)をして入ったが、脱衣場で平包の上で身じまいをするために、この方形の布を風呂敷とよぶようになった。徳川家康の形見分けの品を書いた駿府(すんぷ)徳川家形見分帳のなかに風呂敷があり、これが今日最古の資料ではなかろうか。元禄(げんろく)時代(1688~1704)になると、風呂敷のことを平包と称して両様に使っている。また品物を風呂敷で包んで、頭上にのせて行商して歩く「おちゃない」という職業さえあった。
 風呂敷は、江戸時代も年代が下るにつれて、大小さまざまの種類ができ、四尺五寸(約136センチメートル)物は大風呂敷とよんだ。越後(えちご)屋、白木屋などの大店(おおだな)では、丁稚(でっち)、小僧たちの寝具は、みな大風呂敷に包んで始末をし、また貸本屋、眼鏡直し、しょい呉服などは大風呂敷で行商して歩いた。小さな風呂敷は、各家庭での買い物に利用された。風呂敷の材料は木綿が主であるが、なかには縮緬(ちりめん)、朱子(しゅす)類なども用いられた。明治以降、鞄(かばん)類や手提げ袋、信玄袋などが普及するにつれて風呂敷への需要は減退しているが、携行に便利なところから、その利用度はまだ高い。[遠藤 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

風呂敷の関連キーワードふろしきまんじゅうインナーコンテナ十二単シリーズ京和装小物の日染物(筒書き)風呂敷を広げるデッチーくんふろしきの日岩滝[町]風呂敷頭巾京和装小物西行背負い風呂敷包みちょっこり引っ括むポジャギ半襟の日筒描藍染古典落語大風呂敷

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

風呂敷の関連情報