ふわつく

大辞林 第三版の解説

ふわつく

( 動五[四] )
ふわふわと動く。 「風でテントが-・く」 「三四郎の魂が-・き出した/三四郎 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふわ‐つ・く〔ふは‐〕

[動カ五(四)]
ふわふわとひるがえる。「スカートの裾が―・く」
気持ちに落ち着きがなくなる。
「左(そ)う―・いた所ばかりから出来上ってるように解釈されちゃ可哀想だ」〈漱石明暗

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ふわ‐つ・く ふは‥

〘自カ五(四)〙 (「つく」は接尾語)
① 柔らかくてふわふわする。
虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一二「引き掛けた法衣の様にふわついた下から黒足袋が見える」
② 心がふわふわと落ち着かなくなる。気持がうわつく。
※評判記・難波物語(1655)「身をこがらしの風にふわつく」
③ 風にはためく。ふらふらと動く。
※狂歌・後撰夷曲集(1672)一〇「病気にふはつく人もたのむならかたくまもらん石薬師哉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる