べいごま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

べいごま

巻き貝の殻の中に鉛や砂を入れてつくった玩具(がんぐ)のこま。これを模した木製、鉄製のものもある。貝独楽(ばいごま)がなまって「べいごま」となったもの。古くは「ばいまわし」、または心棒がなくて糸鞭(むち)でたたいて回すこまなので「鞭(むち)独楽」「無精(ぶしょう)独楽」ともいい、江戸初期から子供の遊びとして流行した。空き樽(だる)などに茣蓙(ござ)をかぶせてへこませ、その中でこまを回し、相手のこまに当ててはじき出したほうを勝ちとする。明治末期に貝製にかわって大阪、埼玉で鉄の鋳物製ができ、以後流行した。第二次世界大戦中には鉄材の代用品として、陶製、ガラス製もあった。賭(か)け事遊びに用いられることから、めんこ、ビー玉遊びなどとともに小学校でしばしば禁止された。

[斎藤良輔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のべいごまの言及

【貝】より

…宮崎県日向市小倉浜は大きい殻を産するので有名であったが,分厚い殻がしだいに少なくなった。このほか,バイの殻は蛽独楽(ばいごま∥べいごま)として勝負を競ったが,江戸時代にはかけ事が盛んになりすぎて禁止されたほどであった。また,キサゴの殻は子どものおはじきとして親しまれた。…

※「べいごま」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報