貝独楽(読み)ばいごま

精選版 日本国語大辞典「貝独楽」の解説

ばい‐ごま【貝独楽】

〘名〙 バイの貝殻に、溶かした鉛をつぎこんで作ったこま。また、これに似せた鉄のこま。ばいのこま。ばいげた。べいごま。ばい。
随筆・嬉遊笑覧(1830)六下「今のばいごまは木にて作れり、寛延宝暦の頃まで介殻にてありしと見えて」

べい‐ごま【貝独楽】

〘名〙 (「ばいごま」の変化した語) =ばいごま(貝独楽)《季・秋》
※彼女とゴミ箱(1931)〈一瀬直行〉シン坊が知らなかったのも無理がない「米屋小僧が、バケツの上にゴザをのせてベイゴマを廻すのをでみてゐる」

べえ‐ごま【貝独楽】

※薄曇りの秋の日(1950)〈佐多稲子〉「それは、べえ独楽(ゴマ)のはやる頃でした」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「貝独楽」の解説

ばい‐ごま【貝独楽/海蠃独楽】

巻きバイの殻の先にろうや鉛を溶かして詰め、重みをつけて作ったこま。また、これをまねて作った鉄や鉛製のこま。べいごま。ばい。べい。→貝打ばいう

べい‐ごま【貝独楽】

《多く「ベーゴマ」と書く》「ばいごま」の音変化。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android