貝独楽(読み)バイゴマ

  • ▽貝独=楽
  • ▽貝独=楽/海=蠃独=楽
  • べいごま
  • べえごま

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 バイの貝殻に、溶かした鉛をつぎこんで作ったこま。また、これに似せた鉄のこま。ばいのこま。ばいげた。べいごま。ばい。
※随筆・嬉遊笑覧(1830)六下「今のばいごまは木にて作れり、寛延宝暦の頃まで介殻にてありしと見えて」
〘名〙 (「ばいごま」の変化した語) =ばいごま(貝独楽)《季・秋》
※彼女とゴミ箱(1931)〈一瀬直行〉シン坊が知らなかったのも無理がない「米屋の小僧が、バケツの上にゴザをのせてベイゴマを廻すのを側でみてゐる」
※薄曇りの秋の日(1950)〈佐多稲子〉「それは、べえ独楽(ゴマ)のはやる頃でした」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android