コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貝独楽/海蠃独楽 バイゴマ

デジタル大辞泉の解説

ばい‐ごま【貝独楽/海蠃独楽】

巻きバイの殻の先に蝋(ろう)や鉛を溶かして詰め、重みをつけて作ったこま。また、これをまねて作った鉄や鉛製のこま。べいごま。ばい。べい。→貝打(ばいう)ち

べい‐ごま【貝独楽】

《多く「ベーゴマ」と書く》「ばいごま」の音変化。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ばいごま【貝独楽】

巻貝バイの殻の中に溶かした鉛や蠟ろうを注ぎ込んで作ったこま。また、鉄などでそれを模して作ったこま。べいごま。 [季] 秋。 → ばい回し

べいごま【貝独楽】

「ばいごま」の転。 → 貝独楽

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

貝独楽/海蠃独楽の関連キーワード貝・蛽・海蠃貝回し強貝