コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独楽 コマ

10件 の用語解説(独楽の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こま【独楽】

木・金属などの円形の胴に心棒を通し、それを中心として手やひもで回転させて遊ぶ玩具。唐(とう)ごまべいごまなど種類は多い。こまつぶり。 新年》「たとふれば―のはじける如くなり/虚子
固定された一点のまわりを自由に回転できるようになっている剛体。
紋所の名。1をかたどったもの。

こま‐つぶり【独楽】

独楽(こま)の古名。
「―にむらごの緒つけて、奉り給へりければ」〈大鏡・伊尹〉

つむくり【独楽】

こまの古名。〈色葉字類抄

どく‐らく【独楽】

ひとりで楽しむこと。自分だけで楽しむこと。
「―の樽枕にいかなる夢を結ぶかは知らず」〈風流志道軒伝
《「こま」の当て字「独楽」を音読みにした語》こま。〈色葉字類抄

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こま【独楽 top】

軸を中心に回転させる玩具。もともと自然玩具の一種で,ほぼ世界中に分布している。
[歴史]
 現在残っている最古のこまはエジプトから出土した前2000‐前1400年の木製のものという。日本では宮城県名取市清水遺跡,石川県金沢市戸水遺跡,奈良県藤原宮跡,奈良県平城京跡などから,7~10世紀のものと思われるこまおよびこま型木製品が出土している。素朴なたたきごま系の木製のもので,ろくろ細工品もある。従来,日本におけるこまの起源は,大陸から伝来したことのみ強調されてきたが,自然玩具としてのこまが古くから日本にあったことは出土品をみてもほぼ明らかで,それに大陸伝来のこまがまじりあい,日本独自のこま群を作りあげていったと思われる。

こま【独楽】

歌舞伎舞踊。常磐津。1928年9月東京歌舞伎座で2世市川猿之助(のちの猿翁)により初演。作詞木村富子。作曲3世常磐津文字兵衛。振付2世花柳寿輔。初世猿之助(のちの2世段四郎)が1874年に踊った《人形売独楽姿見(にんぎよううりこまのすがたみ)》を改訂し,新作として発表したもの。独楽売りが,独楽の言立てから引き抜いて,みずから独楽となって,百回り,刀渡りを踊る。3世猿之助が猿翁十種の一つに加えた。【板谷 徹】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こま【独楽】

〔「こまつぶり」の略〕
玩具の一。円板または円錐形の胴を心棒や軸を中心に回転させて遊ぶもの。心棒をひねったり、軸に紐を巻きつけて引き、回転を与える。こまつぶり。 [季] 新年。
〘物〙 一つの固定点あるいは重心の周りに自由に回転しうる剛体。
家紋の一。をかたどったもの。
博打ばくちに使う、六角または八角の各面に絵や文字を書いたこま。お花ごま。

こまつぶり【独楽】

〔「こま」は「高麗」の意、「つぶり」は「円つぶら」の転〕
こま 」に同じ。 「鉢、-のやうにくるめきて/宇治拾遺 13

つむくり【独楽】

こまの古名。 〔色葉字類抄〕

どくらく【独楽】

ひとりで楽しむ・こと(さま)。 「敷くものもなく-の樽枕に、いかなる夢を結ぶかはしらず/滑稽本・志道軒伝」
「こま(独楽)」を音読みにした語。 〔色葉字類抄〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

独楽の関連キーワード回転面竹蜻蛉跳開橋長球転輪蔵バックギアローテート回転蒸煮缶リスティングの法則ひねり技

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

独楽の関連情報