コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茣蓙/蓙 ゴザ

百科事典マイペディアの解説

茣蓙【ござ】

薄縁(うすべり)ともいい,イグサで編んだ(むしろ)に縁をつけたもの。貴人のすわる場所である御座に敷くものより転じたといわれ,畳や板の間に敷いて使用。→花莚

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

茣蓙
ござ

(い)で織った敷物で、薄縁(うすべり)ともよばれている。古くは莚(むしろ)ともいわれ、畳の一種であった。莚といえばいまでは藁(わら)莚をさしているが、古くは竹、菅(すげ)、藺、茅(かや)などで織ったものを莚ともいい、畳は莚や茣蓙の総称で、人が座るときだけ敷いて普段は巻いておいた。茣蓙は『枕草子(まくらのそうし)』に「御座といふ畳のさまにて高麗(こうらい)など、いと清らなり」とあるように御座とも書き、これが茣蓙の本意とも考えられる。つまり、高麗縁(べり)などの裂地(きれじ)をつけ、貴人が座る所に敷いたので御座の名がついたといわれている。
 現在使われている茣蓙は、経(たて)に綿糸を使い、それに藺を緯(よこ)にして織ったもので、四辺に綿、麻、あるいは麻と綿の交ぜ織りの縁(へり)をつけている。縁はつけないこともある。大きさには畳(たたみ)1畳(じょう)大のものから、4畳半、6畳、8畳大などがあり、良質なものは引通しといって1本の藺を緯全幅に通し、織り方が密で厚みがある。茣蓙は無模様のものをいうが、これの一種に花茣蓙といって模様を織り込んだものもある。また、茣蓙は畳表を利用してつくることもある。畳替えをしたときに、古い畳のうちから比較的状態のよい畳表を使って畳屋につくらせ、これは作業時の敷物に利用したりする。畳表は茣蓙と製法は変わらないが、これは経に麻糸を使い、織りの目幅が茣蓙より長い。茣蓙の主産地は広島、岡山、福岡、大分県などで、岡山県都窪(つくぼ)郡には茣蓙織り唄(うた)が伝えられている。なお、茣蓙を利用してつくるものとしては着茣蓙、茣蓙帽子などがある。着茣蓙は1畳大の茣蓙を横に二つ折りにし、間に油紙を挟んだもので、田植や水田の除草時に着用した。茣蓙帽子は東北、北陸地方で子供が降雪時に頭にかぶったもの。[小川直之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

茣蓙/蓙の関連キーワードござ(茣蓙∥御座)竹内 映紫楼花筵・花蓆草市(盆)ピクニックルワンダ比翼茣蓙佐陀神能精霊流し座ぶとんべいごまマット琉球表茣蓙筵うどん豊島筵草取り三橋寝具民具

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android