べか犬(読み)べかいぬ

精選版 日本国語大辞典の解説

べか‐いぬ【べか犬】

〘名〙 子犬。犬の子。一説に、べっかんこうをしたような目の赤い犬という。べいか。べか。
※評判記・野郎虫(1660)伊藤古今「こじょくにて、くるいたがる事、べか犬(イヌ)のごとし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のべか犬の言及

【イヌ(犬)】より

…諸藩でもこれにならった例がある。唐犬の対極に,小型のペット用犬には〈べか犬〉と呼ばれるものがあったが,狆(ちん)の普及も,17世紀末以来のようで,以後もその飼育や交尾の法が説かれ,室内愛玩犬として,犬とはほとんど別の生物のように扱われた。なお,18世紀前半には狂犬病の流行も見られた。…

※「べか犬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android