野郎虫(読み)やろうむし

世界大百科事典 第2版の解説

やろうむし【野郎虫】

役者評判記(野郎評判記)。著者不詳。1660年(万治3)4月上旬刊。1冊。本屋仁兵衛版(天理図書館蔵。後半のみ伝存)。なお,刊年を削った後刷本に,正本屋五郎兵衛版(伝本不明。ただし,稀書複製会本がある)がある。役者評判記で最初のものとされる,1656年(明暦2)刊の《役者の噂》が,伝本不明のため,現存最古の役者評判記といえる。本書は,初世玉川千之丞以下41人の京都四条河原(村山座,夷屋(えびすや)吉郎兵衛座,中村勘五郎座)の歌舞伎役者の評判を収録。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やろう‐むし ヤラウ‥【野郎虫】

〘名〙 野郎役者をののしっていう語。
※評判記・野郎虫(1660)「やらう虫といふものは、〈略〉祇園・円山・霊山あたりへとびめぐりて、人のきんちゃくをねらふといふ。それは四条かはらのかぶき子の事にては候はぬかといへば、大手をうってわらひて、さればとよ、そのかぶき子といふもの」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android