コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ほそり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ほそり

歌謡の種目名,および三味線音楽の曲名。「細り」と書くこともある。 (1) 江戸時代初期の流行歌謡 「細り節」「細り唄」ともいう。哀調を帯びた曲調で,ほそぼそとした節の歌という意味。発生地は大和の壺坂で,西国巡礼歌から出たものとされ,寛永年間 (1624~44) 以降各地で流行。それぞれ「関東ほそり」「下総ほそり」などともいう。現在,山梨県南都留郡道志村の民謡として伝存。 (2) 三味線組歌 『大ぬさ』に破手として「ほそり」の曲名で収録されるが,『松の葉』では柳川検校作曲の破手組「下総ほそり」のなかに含まれ,現行野川流では「くれない」のなかに含まれる。他に奥組として,組歌中唯一の三下りの「ほそり」がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ほそりの関連キーワードならい葦火

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ほそりの関連情報