下総(読み)しもふさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下総
しもふさ

千葉県北部,成田市北部の旧町域。北部を利根川が東西に貫流し,利根川南岸の低地から下総台地の北端にまたがる。北で茨城県に接する。 1955年滑河町と高岡村,小御門村の2村が合体して下総町が成立。 2006年成田市に編入。中心地区の滑川 (滑河) は近世以後利根川水運の河港として栄えたが,成田線の全通に伴い,その機能を失った。周辺は早場米サツマイモの産地で,酪農が盛ん。滑河観音と呼ばれる竜正院仁王門は国指定の重要文化財。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しもうさ【下総】

旧国名の一。千葉県北部と茨城県の南西部にあたる。しもふさ。しもつふさ。

しもつふさ【下総】

下総しもうさの古名。

しもふさ【下総】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

下総の関連情報