下総(読み)しもふさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下総
しもふさ

千葉県北部,成田市北部の旧町域。北部を利根川が東西に貫流し,利根川南岸の低地から下総台地の北端にまたがる。北で茨城県に接する。 1955年滑河町と高岡村,小御門村の2村が合体して下総町が成立。 2006年成田市に編入。中心地区の滑川 (滑河) は近世以後利根川水運の河港として栄えたが,成田線の全通に伴い,その機能を失った。周辺は早場米サツマイモの産地で,酪農が盛ん。滑河観音と呼ばれる竜正院仁王門は国指定の重要文化財。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しもうさ【下総】

旧国名の一。千葉県北部と茨城県の南西部にあたる。しもふさ。しもつふさ。

しもつふさ【下総】

下総しもうさの古名。

しもふさ【下総】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しもうさ しもふさ【下総】

東海道一五か国の一つ。大化二年(六四六)総国(ふさのくに)が二分されて成立。鎌倉・室町時代を通じて千葉氏が守護、江戸時代は小藩が分立。明治四年(一八七一)の廃藩置県により印旛(いんば)・新治(にいはり)の二県が成立し、同八年大部分は千葉県、一部は茨城県南部となる。しもつふさ。北総。

しもつさ【下総】

しもうさ(下総)」の古称。
更級日記(1059頃)「しもつさの国と、武蔵との境にてある太井川といふがかみの瀬」

しもつふさ【下総】

しもうさ(下総)」の古称。
※二十巻本和名抄(934頃)五「東海国〈略〉下〈之毛豆不佐〉」
[補注]「伊勢物語闕疑抄」には「しもつふさ、下総也。此しもつふさの『つ』の字、可清事なれども、にごりてよみつけたり」とある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下総の関連情報