まそっと(読み)マソット

大辞林 第三版の解説

まそっと

( 副 )
もう少し。もうちょっと。もそっと。 「 -してから来て下され/浄瑠璃・重井筒

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ま‐そっと

連語〙 (副詞「ま」と「そと」の促音形とを重ねたもの) もうすこし。
※天理本狂言・人を馬(室町末‐近世初)「腹中は、みな馬になって御ざるが、五たいがまそっとじゃと云」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android