むず折(読み)むずおれ

精選版 日本国語大辞典「むず折」の解説

むず‐おれ ‥をれ【むず折】

〘名〙
を加えないで折れること。たやすく折れること。
※俳諧・毛吹草(1638)二「つよき木はむすおれ やなぎは風にしなふ」
分が急に変わること。急に気落ちなどすること。
浮世草子傾城禁短気(1711)五「大口舌の事は忘れて、むずおれがして女郎をいなす物でござる」

むず‐お・れる ‥をれる【むず折】

〘自ラ下一〙
① 力を加えないで折れる。たやすく折れる。
② 急に気が変わる。急に気が弱くなる。
※浮世草子・風流曲三味線(1706)三「渡竹此詞に生肝をとられ、私がの立ったに偽言はござらなんだが、此方の今のお詞を偽言にして貰ひとむないと、急にむずをれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android