コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

もみすり機(籾摺機) もみすりき

世界大百科事典 第2版の解説

もみすりき【もみすり機(籾摺機)】

もみからもみ殻を除いて玄米を得る機械。次の二つの方式がある。衝撃式は毎分2000~3000回で回転する加速盤からもみをゴムの脱ぷ(稃)盤にぶつけるもの,ロール式は回転速度差をもたせた2本のゴムロールの間にもみを流し,ロールの摺動作用でもみ殻を除くもので,回転数は1000rpmくらいである。後者にもみ供給装置,もみ殻除去のための唐箕,もみと玄米を分離する万石を組み込んだ全自動もみすり機が日本でひろく用いられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報