コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ろうつぎ soldering; brazing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ろうつぎ
soldering; brazing

「鑞接」と書く。「ろう付け」ともいう。合金ろうで金属を接合する方法。ろう用合金としては,はんだ (半田) (Sn-Pb合金) が最もよく知られているが,このように 400℃以下の低融点ろうを「軟ろう」といい,400℃以上の高融点ろうを「硬ろう」という。硬ろうとしては,銅,銀ろう (Ag-Cu-Zn合金) ,真鍮ろう (Cu-Zn合金) ,アルミろう (Al-Siまたは Al-Si-Cu合金) ,近年ではアモルファス合金ろう (ニッケル合金,鉄合金,鋼合金のアモルファス) も用いられる。酸化防止溶剤としては,はんだには塩化亜鉛,銅および銅合金系の硬ろうにはホウ砂,アルミろうには塩化カルシウム混剤を用いる。加熱ははんだごて,ガス吹管炎,電気抵抗熱などによる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ろうつぎの関連キーワードはんだ(半田)清原家衡

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android