コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ろうつぎ soldering; brazing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ろうつぎ
soldering; brazing

「鑞接」と書く。「ろう付け」ともいう。合金ろうで金属を接合する方法。ろう用合金としては,はんだ (半田) (Sn-Pb合金) が最もよく知られているが,このように 400℃以下の低融点ろうを「軟ろう」といい,400℃以上の高融点ろうを「硬ろう」という。硬ろうとしては,銅,銀ろう (Ag-Cu-Zn合金) ,真鍮ろう (Cu-Zn合金) ,アルミろう (Al-Siまたは Al-Si-Cu合金) ,近年ではアモルファス合金ろう (ニッケル合金,鉄合金,鋼合金のアモルファス) も用いられる。酸化防止溶剤としては,はんだには塩化亜鉛,銅および銅合金系の硬ろうにはホウ砂,アルミろうには塩化カルシウム混剤を用いる。加熱ははんだごて,ガス吹管炎,電気抵抗熱などによる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ろうつぎの関連キーワードはんだ(半田)清原家衡

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android