コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ろう管蓄音機 ろうかんちくおんきphonograph

翻訳|phonograph

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ろう管蓄音機
ろうかんちくおんき
phonograph

ワックスを材料とする中空式円筒に,ホーンの根もとの振動板に取付けた針で,凹凸の溝をつけて音を記録し再生する蓄音機。 1890年アメリカで市販された。それまでの蓄音機はエジソン発明による銅の円筒にスズ箔を巻いたもの,G.ベルの発明によるワックスで包んだ円筒形の厚紙をレコードとするものであった。ろう管式はこれらに比べて音質は非常に改善されたが,複製は不可能で,もっぱらニッケル貨幣を入れて聞く自動蓄音機として利用され人気を博した。 94年硬質ゴムのディスクレコードが市販され,次第に現在の形式に進歩したが,ろう管は相当長い期間使われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ろう管蓄音機の関連情報