わきの下(読み)わきのした

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

わきの下
わきのした

上腕と胸壁外側との間に存在する小さいくぼみで、腋窩(えきか)ともいう。解剖学上は腋窩部に属する。腋窩の前方の境は前腋窩ヒダで、後方の境は後腋窩ヒダとなる。上肢(腕(うで))を外転するとこれらのヒダが著明になる。前腋窩ヒダの内容は大胸筋の前下縁で、後腋窩ヒダの内容は広背(こうはい)筋と大円筋の外側縁にあたる。わきの下のいちばん深いところは腋下底といい、思春期になると腋毛(えきもう)(ワキゲ)が生える。[嶋井和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

わきの下の関連情報