わたつうみ(読み)ワタツウミ

デジタル大辞泉の解説

《「わたつみ」が「渡津海」などと書かれたため、「み(神)」を誤って「海」と解釈してできた語》海。大海。わたつみ。
「袖ぬれて海人(あま)の刈りほす―のみるをあふにてやまむとやする」〈伊勢・七五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「わたつみ」が「渡津海」などとも書かれ、「み」が「海」の意に意識されてできた語。「わたづうみ」「わだつうみ」とも) 海。わたつみ。
※伊勢物語(10C前)七五「袖ぬれて海人の刈りほすわたつうみのみるをあふにてやまむとやする」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android