コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

だつ だつ

大辞林 第三版の解説

だつ

( 接尾 )
〔動詞「立つ」の接尾語化したもの〕
〔動詞五[四]段型活用〕 名詞および形容詞・形容動詞の語幹に付いて、そのような様子を帯びる、そのような状態が現れる、などの意を表す。 「体系-・った考え」 「浮き足-・つ」 「艶えん-・つ」 「さかし-・つ人/源氏 夕霧
〔下二段型活用〕 に同じ。 「くうすけといひて兵-・つる法師ありき/宇治拾遺 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

だつの関連キーワード獺の祭り・獺の祭ラーマーナンダ抜け字・脱け字スキムミルク八重の山路高松〈町〉生死を離るタタールタルタル形容動詞そそける総毛立つ高家立つそげたつ忠実立つ家司立つ蓬け起つ脱北民子規忌財政犯

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

だつの関連情報