コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

んで ンデ

大辞林 第三版の解説

んで

( 接助 )
〔「ので」の転〕
話し言葉でのくだけた言い方に用いられる。原因・理由などを表すのに用いられる。 「しゃくにさわる-、言い返してやった」 → ので(接助)

んで

( 連語 )
〔打ち消しの助動詞「ぬ」に接続助詞「で」の付いた「ぬで」の転〕
話し言葉で丁寧の助動詞「ます」の未然形に付いて用いられる。
打ち消しの意味で下に続ける。 「お出迎えも致しませ-、失礼を致しました」 「十分なお手伝いもできませ-、申し訳ございません」
上のことを打ち消して、そのままで言いやめる。これは下の文が略された形である。 「なにもおかまいしませ-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

んでの関連キーワード染み込む・染込む・沁み込む飢え死に・餓え死に鯰を瓢簞で押さえるオブラートに包む呼吸を呑み込む足元に付け込む欲に目が眩む地団駄を踏む交差とめけん金に目が眩む万一を頼む人目を盗む徒党を組む場数を踏む固唾を呑む固唾を吞む気負い込むちょっぽり好き好む掻い摘む

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

んでの関連情報