コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ので ノデ

デジタル大辞泉の解説

ので[接助]

[接助]《準体助詞「」+格助詞」から》活用語連体形に付く。あとの叙述の原因・理由・根拠・動機などを表す。「辛い物を食べたので、のどが渇いた」「朝が早かったので、ついうとうとする」「盆地なので、夏は暑い」
[補説]近世中ごろから用いられ、明治に入って一般化した。また、前件が理由となって後件のような結果の生じることが、だれの目から見ても当然と思われるような場合に用いられるとされる。「から」に比べるとあらたまった感じを伴うが、くだけた表現の場合、「あまり暑いんで閉口した」のように「んで」となることもある。

の‐で[連語]

[連語]《準体助詞「」+断定の助動詞「」の連用形》…のもので、…のことで、の意を表す。「これは私のでのはあれだ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ので

( 接助 )
〔準体助詞「の」に格助詞「で」が付いてできたもの。一説に、「で」は断定の助動詞「だ」の連用形の「で」からとも。近世末期以降の語。話し言葉でのくだけた言い方では「んで」の形でも用いられる〕
活用語の連体形に接続して、既定の順接条件を表す。すなわち、因果関係で結ばれる二つの事柄が、一般的に言って明らかな事実であるような場合に、その原因・理由・根拠などを表すのに用いる。「家族が多い―、出費もたいへんだ」「遅くなりました―、失礼いたします」。また、「…というので」「あまり…ので」の形で慣用的に用いられることもあり(「君が来いという―、ついて来たのだ」「あまりおかしい―、笑ってしまった」)、倒置して「ので」で文を結ぶこともある(「まいったな。どうしてもと言いはる―」)。 〔理由・原因を表す接続助詞「から」との相違について。「ので」は因果関係が客観的事実に基づいているような場合に用いられるのに対し、「から」は、推量・禁止・命令・質問など、話し手の主観に基づくような場合に用いられる。一般に、「ので」は、「から」に比べて、条件としての独立性が弱い場合に用いられる〕

ので

( 連語 )
〔準体助詞「の」に断定の助動詞「だ」の連用形「で」の付いたもの〕 …のものであって。…ことであって。 「これは僕-、君のはそっちのほうだ」 「僕がしかられた-、君には関係のない事だ」
〔準体助詞「の」に格助詞「で」が付いたもの〕 …ことによって。 「彼が偏屈なことは、親しい友達の少ない-わかる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

のでの関連キーワード伊勢は津で持つ津は伊勢で持つ尾張名古屋は城で持つ秋茄子は嫁に食わすなオージェ電子分光モンキーレンチ孟母三遷の教え酢酸テルピニルワイドレシオ太陽同期軌道ピロガロール雉焼き豆腐折も折とて桑苺・桑莓家鴨の脚絆功罪相償う多勢に無勢巨晶花崗岩鉱物顕微鏡神は見通しPC枕木残留磁化

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

のでの関連情報