コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイピース アイピース eyepiece

翻訳|eyepiece

2件 の用語解説(アイピースの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アイピース(eyepiece)

接眼レンズ。特に、望遠鏡に用いるものをいう。
カメラのファインダーの接眼部。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典の解説

アイピース

 カメラ被写体を見るファインダーの接眼部(目を付ける部分)。   順光 で撮影するとき、一眼レフカメラの場合、このアイピースから入った光(逆入射光などと言う)が内蔵露出計の受光素子に入射して、そのぶん露出アンダーになってしまうことがある。それを防ぐよう、アイピースから目を離して撮影する三脚使用時にアイピースにカバーをして遮光をする機構「アイピース・シャッター」を内蔵している機種もある。  また、眼鏡(メガネ)使用者の場合は、アイピースからある程度、目が離れてしまう。このとき、接岸枠からどのぐらい目を離してもファインダー全視野を見わたすことができるかが重要となる。この、目を離せる距離を アイポイント と言い、最近の一眼レフでは17~20mm程度が一般的である。それらを“ ハイ・アイポイント ”または“ロングアイポイント”という。ただ、アイポイントを長く設計すると、ファインダー倍率は低下する傾向にある。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

アイピースの関連キーワードファインダー視野率レンジファインダーアングルファインダーアイカップ電子ファインダーノーファインダーユニバーサルファインダー光学式ファインダーファインダー倍率

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アイピースの関連情報