コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイピース eyepiece

翻訳|eyepiece

カメラマン写真用語辞典の解説

アイピース

 カメラで被写体を見るファインダーの接眼部(目を付ける部分)。   順光 で撮影するとき、一眼レフカメラの場合、このアイピースから入った光(逆入射光などと言う)が内蔵露出計の受光素子に入射して、そのぶん露出アンダーになってしまうことがある。それを防ぐよう、アイピースから目を離して撮影する三脚使用時にアイピースにカバーをして遮光をする機構「アイピース・シャッター」を内蔵している機種もある。  また、眼鏡(メガネ)使用者の場合は、アイピースからある程度、目が離れてしまう。このとき、接岸枠からどのぐらい目を離してもファインダー全視野を見わたすことができるかが重要となる。この、目を離せる距離を アイポイント と言い、最近の一眼レフでは17~20mm程度が一般的である。それらを“ ハイ・アイポイント ”または“ロングアイポイント”という。ただ、アイポイントを長く設計すると、ファインダー倍率は低下する傾向にある。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

アイピースの関連キーワード天体望遠鏡

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アイピースの関連情報