コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遮光 シャコウ

デジタル大辞泉の解説

しゃ‐こう〔‐クワウ〕【遮光】

[名](スル)光をさえぎること。光が内へさし込んだり、外へ漏れたりしないようにすること。「ブラインドで遮光する」「遮光幕」
[補説]書名別項。→遮光

しゃこう【遮光】[書名]

中村文則の小説。平成16年(2004)刊行同年、第26回野間文芸新人賞受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃこう【遮光】

( 名 ) スル
光をさえぎること。おおいをして灯火が外部にもれたり、外光が入ったりしないようにすること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遮光
しゃこう

いろいろの装置、材料によって光線をることをいう。窓、出入口などのガラス板やすきまからの光をほぼ完全に遮断する目的のために一般によく用いられている遮光装置は暗幕である。その布地としては綾織(あやおり)の目の密な黒無地繻子(しゅす)地が用いられる。よく遮光できるように通常は二重仕立てとし、外側に昼光の透過率の低い赤色布地を重ねて用いる。横引き暗幕でも、引き上げ暗幕でも、周辺から光が漏れないように上部と左右にボックスを設け、その内部を黒色仕上げとする。横引きで引き分け式のものは中央に十分な召合(めしあ)わせ(重なる部分)をとる。開閉は通常は引き紐(ひも)によるが、集会室、講堂、体育館などの高窓には遠隔操作のできる電動式あるいはハンドル操作式とする必要がある。雨戸のような不透明材料の建具によって遮光する場合は、敷居、鴨居(かもい)の溝や戸当り部分の溝(しゃくり)を深くとる。[松浦邦男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

遮光の関連キーワードsun shut curtainocculting discアクティブシャッター方式配光可変型前照灯システムアルミ蒸着フィルムそばかす(雀卵斑)亀ヶ岡石器時代遺跡パネルスクリーンフリッカーテストリーダーペーパーベローズ(写真)恒星コロナグラフベストフィルムシュリーレン法水質浄化植物サンバイザーエクスパンドコロナグラフ遮光カーテンダークバッグ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遮光の関連情報