コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遮光 シャコウ

3件 の用語解説(遮光の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゃ‐こう〔‐クワウ〕【遮光】

[名](スル)光をさえぎること。光が内へさし込んだり、外へ漏れたりしないようにすること。「ブラインドで遮光する」「遮光幕」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しゃこう【遮光】

( 名 ) スル
光をさえぎること。おおいをして灯火が外部にもれたり、外光が入ったりしないようにすること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遮光
しゃこう

いろいろの装置、材料によって光線を遮ることをいう。窓、出入口などのガラス板やすきまからの光をほぼ完全に遮断する目的のために一般によく用いられている遮光装置は暗幕である。その布地としては綾織(あやおり)の目の密な黒無地繻子(しゅす)地が用いられる。よく遮光できるように通常は二重仕立てとし、外側に昼光の透過率の低い赤色布地を重ねて用いる。横引き暗幕でも、引き上げ暗幕でも、周辺から光が漏れないように上部と左右にボックスを設け、その内部を黒色仕上げとする。横引きで引き分け式のものは中央に十分な召合(めしあ)わせ(重なる部分)をとる。開閉は通常は引き紐(ひも)によるが、集会室、講堂、体育館などの高窓には遠隔操作のできる電動式あるいはハンドル操作式とする必要がある。雨戸のような不透明材料の建具によって遮光する場合は、敷居、鴨居(かもい)の溝や戸当り部分の溝(しゃくり)を深くとる。[松浦邦男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遮光の関連キーワードあじさわう翳す小手を翳す遮る遮断立ちはだかる月の障り日覆いUVカット

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

遮光の関連情報