コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイ・ショット・ザ・シェリフ

デジタル大辞泉プラスの解説

アイ・ショット・ザ・シェリフ

ジャマイカのレゲエ・バンド、ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズの曲。アルバム「バーニン」(1973年)に収録。翌年にエリック・クラプトンがカバーし、全米第1位を獲得。歌詞はジャマイカキングストンでの警察権力の横暴を描くもの。「ローリング・ストーン」誌が選ぶ最も偉大な500曲第450位。原題《I Shot The Sheriff》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アイ・ショット・ザ・シェリフの関連情報