アエドゥイ族(読み)アエドゥイぞく(英語表記)Aedui

世界大百科事典 第2版の解説

アエドゥイぞく【アエドゥイ族 Aedui】

ソーヌ,ロアール両河間に住んだケルト人部族名。ハエドゥイともいう。そのおもな町にビブラクテ,その後身アウグストドゥヌム(現,オータン)がある。前121年にローマの友邦とされ,カエサルのガリア戦争の際にはおおむね彼の最大の協力者であった。帝政期に同盟国の称号を得,48年にローマ元老院議員挙出を認可された。21年のサクロウィルの反乱と68年のウィンデクスの反乱に参加したが,その後は平和が続いた。【小路 孝子

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android