コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アエリア・カピトリナ Aelia Capitolina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アエリア・カピトリナ
Aelia Capitolina

エルサレムを破壊したあとに建設された古代ローマの都市。エルサレムのユダヤ人は,66年ローマに対して反乱を起したが,70年ローマ軍に制圧され,市は完全に破壊された。その後ハドリアヌス帝 (在位 117~138) の時代に,再びユダヤ人の反乱 (132) が起ったため,帝はエルサレムを徹底的に破壊し,ユダヤ的なものをすべて排除し,そこに新しい都市を建設して,ローマ名アエリア・カピトリナとした。新都をローマの植民市 (コロニア) とし,ユダヤ人の立入りを一切禁止した。4世紀にローマがキリスト教を公認するまで,その名は存続した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のアエリア・カピトリナの言及

【エルサレム】より

…事実,ゴルゴタにおけるイエスの処刑から40年ほど経た後70年,ローマの圧制に対して立ち上がったユダヤ教徒はエルサレムに集まってティトゥス将軍の率いるローマ軍と熾烈な戦いをしたが(ユダヤ戦争),結局ユダヤ教徒側の敗北に終わり,神殿を含むエルサレム中の建物は破壊され燃え落ちた。ユダヤ教徒はその後もう一度反ローマ革命を試みるが(バル・コホバの乱,132‐135),これも失敗,エルサレムはローマ風の町に建て直され,名前もアエリア・カピトリナAelia Capitolinaと変わった。ローマ人はかつてユダヤ教神殿のあった場所でユピテル神を祭り,ユダヤ教徒は原則としてエルサレム市内に住むことを禁じられた。…

※「アエリア・カピトリナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アエリア・カピトリナの関連キーワードバル・コフバ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android