コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植民市(読み)しょくみんし

百科事典マイペディアの解説

植民市【しょくみんし】

古代地中海世界で植民者が建設した都市の総称。自治独立の形をとる場合が多かった。著名なものはギリシアの例で,特に,前750年―前550年ころに黒海〜地中海沿岸に多く建設された。現在のイスタンブール,ナポリ,マルセイユなどは,当時のギリシア植民市に起源し,また,イタリア半島南端にはマグナ・グラエキアと呼ばれる植民市群もあった。古代フェニキアの植民市カルタゴなどは母国滅亡後も繁栄を続けた。ローマでは前4世紀以後,国境警備と海外属領統治を目的に建設され,ローマ文化伝播に貢献したが,自立的なものではなかった。
→関連項目植民地

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょくみんし【植民市】

主として古代ギリシア人,ローマ人の植民活動によって建設された都市の総称。ギリシア語ではアポイキアapoikia,ラテン語ではコロニアcoloniaという。西洋の古代文明は主として都市の文明であったが,とりわけギリシアではポリスと呼ばれる多数の都市国家を基盤として文明が盛衰した。ポリスは前8世紀ころにギリシア本土や小アジア西岸で成立するが,そのうち特に活発なポリスは以後200年間に多くの植民市を建設する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

植民市
しょくみんし

古代ギリシア、ローマで、植民者が建設した共同体。ギリシア人は、紀元前14~前13世紀に小アジア西部に植民市を建て、キプロス島、シリア、南イタリアに貿易拠点を設け、前12~前10世紀にはエーゲ海の島々、小アジア西岸、キプロス島などに大規模な植民を行ったが、前750~前550年ごろ、さらにそれらを上回る植民活動を展開した。植民市(アポイキアapoikia)を建設するポリスは母市(メトロポリス)とよばれ、しばしばとくにデルフォイの神託を伺って、植民市の位置と植民の指導者を選定した。植民の主要な目的は、母市において土地を失った市民の新たな農地獲得にあったが、貿易基地の建設を目的とする場合もあった。植民市が多く建設されたのは、現地に有力な政治勢力がない地域か、ギリシアと気候風土の似た地域であった。カルキス、エレトリア、ミレトス、コリント、メガラ、テラ、フォカイアなどの母市が、南イタリア、シチリア島、エーゲ海北部、ダーダネルス海峡、マルマラ海、黒海、北西ギリシア、アフリカ北岸東部、フランスとスペイン南岸などに集中して植民市を建設した。それらのなかには、ビザンティオン(イスタンブール)、ネアポリス(ナポリ)、マッサリア(マルセイユ)など、現在も大都市として繁栄しているものがある。植民市は、方言、祭儀、制度などさまざまな面で母市と結び付いていたが、政治的には独立のポリスとなり、この点がローマの植民市(コロニアcoloniaとよばれる)との最大の違いであった。しかし、アテネが前6世紀末から前4世紀までデロス同盟の離反ポリスの土地などに建設したクレルキアklerouchiaとよばれる植民市は、独立のポリスではなく、農民兼守備兵としての植民者はアテネの市民権を保持した。また、マケドニアのアレクサンドロス大王とヘレニズム諸王国、とくにシリア王国の王たちは、主として軍事目的から多くの植民市を建設したが、それらは東方におけるギリシア文化の中心となった。エジプトのアレクサンドリアが最大の代表である。
 なお、ローマの植民市は、前4世紀以降、守備隊配置、植民者への農地賦与などの目的で設けられ、植民者がローマ市民権をもち続けるローマ市民植民市と、植民者が新しい植民市の市民となるラテン人植民市との2形態があったが、後者もローマとは密接な関係を保持した。[清永昭次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android