アオリスト(英語表記)aorist

翻訳|aorist

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アオリスト」の解説

アオリスト
aorist

古代ギリシア語サンスクリット語などの動詞アスペクトの一つ。完了・継続・反復といった様相と無関係に,単に一つの出来事として動作・現象を示すもの。古代ギリシア語 gráphō (私は書く) の直説法アオリスト égrapsaは「私は書いた」という出来事を単純に一つの出来事として示し,未完了の égraphon (私は書いていた,書こうとしていた,など) と対立する。このように直説法では過去の出来事を表わすのが普通なので,普通は時制の一つとして扱われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のアオリストの言及

【サンスクリット】より

…動詞の時制は現在と未完了(語幹は同じで語尾が異なる。例:bhavati〈彼は…である〉,未完了abhavat),アオリスト(無限定過去。abhūt),完了babhūvaのほか,二次的に未来形bhaviṣyatiもつくられる。…

※「アオリスト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

野選

《「野手選択」の略》野球で、打球を捕った野手が一塁で打者をアウトにできるのに、先行走者をアウトにしようと他の塁へ送球し、間に合わずに全走者を生かすこと。フィールダースチョイス。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android