コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカハツタケ(赤初茸) アカハツタケLactarius deliciosus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカハツタケ(赤初茸)
アカハツタケ
Lactarius deliciosus

担子菌類マツタケ目ベニタケ科のキノコ。傘は径5~15cmで中央がくぼみ,茎は太めで短い。橙黄色または黄赤色で,傷つけると赤みがかった乳液が出て空気に触れると青変する。秋に,モミ林の地上に生じる。よく似たキノコに青変しないアカモミタケ (赤樅茸) がある。ともに食用になる。日本全土に広く知られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アカハツタケ(赤初茸)の関連キーワードアカモミタケ(赤樅茸)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android