コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカブダイ(読み)あかぶだい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカブダイ
あかぶだい / 赤不鯛・赤武鯛・赤部鯛
red parrot fish
[学]Scarus xanthopleura

硬骨魚綱スズキ目ブダイ科に属する海水魚。南西諸島以南、インドネシア、マーシャル諸島に分布する。体は低くて長く、前頭部はよくとがる。尾びれの後端は直線状で上下両端が糸状に伸びる。雌型の全身は赤いことからこの名があるが、雄型では緑色で、鱗(うろこ)の縁辺が薄い緑であり、頭部腹面に青緑色斑(はん)がある。体長50センチメートルになる。雌性先熟型(雌から雄へ)の性転換をする。サンゴ礁の外側斜面に単独でいることが多い。産卵はつがいで行われる。小型の藻類を好んで食べる。味はよい。[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアカブダイの言及

【ブダイ(武鯛)】より

…雄が青みが強く,雌は赤みが強い。釣人のいうアオブダイ,アカブダイは本種の雄と雌のことを指すことが多い。岩礁にすみ,フジツボ,カニ類,ウニ類,海藻などを食べる。…

※「アカブダイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android