コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカヤマアリ あかやまあり

1件 の用語解説(アカヤマアリの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカヤマアリ
あかやまあり / 赤山蟻
slave-making ant
[学]Formica sanguinea

昆虫綱膜翅(まくし)目アリ科に属する昆虫。体長は働きアリで6~9ミリメートル。胸部と腹柄節は赤褐色、頭部と腹部は暗赤褐色。旧北区に広く分布し、日本では北海道、中部地方以北の本州にみられる。中部地方では標高約800メートル以上の山地から亜高山帯にわたり、草地や裸地に生息する。クロヤマアリ類に一時的社会寄生してコロニーを創設する。コロニーの成長後は、夏季にクロヤマアリ類の巣を襲い、羽化したものを働かせるために蛹(さなぎ)を奪ういわゆる奴隷狩りを行う。[山内克典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアカヤマアリの言及

【エゾアカヤマアリ】より

…長野など一部の地方では本種を多量に採取し,食用に加工して缶詰としている。 近縁種のアカヤマアリF.sanguineaはユーラシア大陸北部に広く分布し,日本では北海道,本州の中部地方に分布する。働きアリの体長は6~9mm。…

※「アカヤマアリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone