コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アガスティヤ Agastya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アガスティヤ
Agastya

インド神話における有名な聖仙 ṛṣiの一人。すでに『リグ・ベーダ』に登場する。「壺から生じた者」 Kumbhodbhavaとも呼ばれ,大海を飲み干したという伝説がある。『マハーバーラタ』『ラーマーヤナ』などの叙事詩,および古典期の文学作品にしばしば登場する。また,南インドのタミル文学の元祖と仰がれ,サンガム Sangamという文学アカデミーをマドゥラに創設し,作品の良否を判定したといわれる。文典をつくったというが,いまに伝わらない。弟子のトルカーピヤが著わしたという文法書は,タミル語最古の文典とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android