元祖(読み)がんそ

精選版 日本国語大辞典「元祖」の解説

がん‐そ グヮン‥【元祖】

〘名〙
① 家系で、その最初に相当する人。また、国家を創始した人。先始祖
※三国伝記(1407‐46頃か)一「其次に神武天皇を人皇元祖と為すなり」 〔蜀志注‐先主伝〕
② ある物事を最初にはじめた人。鼻祖。創始者。創業者。初代。
※評判記・剥野老(1662)玉河千之丞「まことに心中第一にして野道のぐんそなれは」
③ 仏語。教えの始祖、または一宗を創始した開祖。特に、浄土宗の開祖、法然についていう。
※太平記(14C後)二四「護法菩薩は法相宗の元祖(グヮンソ)にて、有相の義を談じ」 〔止観輔行‐一・一〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の元祖の言及

【祖師】より

…一宗一派の開祖,学統や流派の元祖をいう。日本の仏教では,釈迦は釈迦三尊像などであらわされるように大乗仏教の仏として説かれ,仏教の開祖としての釈迦について教えられることは少なかった。…

※「元祖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android