アキノ(読み)あきの(英語表記)Corazon Aquino

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アキノ(Corazon Aquino)
あきの
Corazon Aquino
(1933―2009)

フィリピンの政治家。ルソン島中部タルラック州生まれ。1953年アメリカのマウント・セント・ビンセント大学を卒業。1954年生家コハンコ家と同州の経済、政治勢力を二分するアキノ家のベニグノ・アキノと結婚。1972年上院議員の夫が政敵のマルコス大統領によって反逆罪で投獄され、1980年に一家でアメリカに亡命した。1983年夫は帰国しようとマニラ空港に着いたところで暗殺され、これを契機に夫の遺志を継いで政治活動に入る。1986年大統領選挙に立候補し圧倒的な「ピープルズ・パワー」(人民の力)に支持されて当選、マルコスを倒して大統領に就任した。1987年新憲法を実施し、1987年その新憲法下での上下院選挙で圧勝したが、農地改革など根本的な政治改革を果たせず、同政権は7回もクーデターの危機にみまわれた。1992年1期6年で退任。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アキノの関連情報