コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アキノ Aquino, Benigno S., Jr.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アキノ
Aquino, Benigno S., Jr.

[生]1932.11.27. タルラク
[没]1983.8.21. マニラ
フィリピンの政治家。上院議員の家に生まれ,17歳で『マニラ・タイムズ』の特派員として朝鮮戦争を取材。 1959年郷里タルラク州副知事,1963年同知事に当選。 1967年上院議員。戒厳令施行まではフェルディナンド・E.マルコスの最大の政敵とみなされ,野党,自由党の幹事長として 1973年 11月の大統領選挙にそなえていたが,1972年9月の戒厳令で逮捕され,殺人,政府転覆活動,武器不法所持などの罪状で起訴。 1977年 11月軍事法廷により銃殺刑を宣告され内外に大きなショックを与えた。 1978年3月の総選挙には獄中から立候補。 1980年5月,心臓病治療のため釈放され渡米,亡命生活を送ったが,1983年帰国の際にマニラ空港で暗殺された (→アキノ暗殺事件 ) 。夫人のコラソン・C.アキノはこれを機に政界に入り,1986~92年大統領。

アキノ
Aquino, Corazon

[生]1933.1.25. タルラク
[没]2009.8.1. マカティ
フィリピンの政治家。フィリピン初の女性大統領(在任 1986~92)。フルネーム Maria Corazon Aquino。名門財閥コファンコ家に生まれた。アメリカ合衆国に留学し,1954年ニューヨークのマウント・セントビンセント・カレッジを卒業,翌 1955年にベニグノ・S.アキノと結婚。1983年8月にベニグノが暗殺されると遺志を継いで政界入りした(→アキノ暗殺事件)。1986年の大統領選挙に,4選をねらうフェルディナンド・E.マルコスに対抗して野党連合から出馬。不正や暴力が相次ぐなかマルコスが勝利を宣言したが,国民のみならず軍部側近も離反,マルコスは亡命を余儀なくされ,代わって大統領に就任した。就任後,たびたびクーデター未遂事件が発生して政権は不安定だったが,1992年6月に任期をまっとうした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アキノ(Aquino)

(Benigno Servillano ~ Jr.)[1932~1983]フィリピンの政治家。1967年に上院議員に当選。1972年、マルコス大統領の戒厳令下で逮捕・投獄される。1980年から渡米していたが、帰国時にマニラ空港で暗殺された。
(Corazon ~)[1933~2009]フィリピンの政治家。大統領。在任1986~1992。の妻。反マルコスの象徴であった夫の遺志を継ぎ、1986年大統領選挙に出馬し当選。フィリピン初の女性大統領となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

アキノ

フィリピンの政治家。タルラック州の名家の出身。1983年8月,夫で野党指導者のベニグノ・アキノ元上院議員が,亡命先から帰国したマニラ空港で暗殺されたことから政界入りした。
→関連項目新人民軍フィリピンマラカニアン宮殿モロ民族解放戦線ラモス

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

アキノの関連キーワードアキノ(Corazon Aquino)民主国民連合[フィリピン]ニノイ・アキノ国際空港アオヤギソウ(キク科)ミヤマアキノキリンソウフィリピン国軍反乱事件セイタカアワダチソウギンリョウソウモドキ国民党[フィリピン]ニノイアキノ記念日ニノイアキノ公園コラソン アキノポンセ・エンリレハルノタムラソウナツノタムラソウフィデル ラモスマニラ国際空港S. ラウレルフィリピン政変ソリダスター

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アキノの関連情報